12.06.2019

近況報告

チャレンジャー大会を主に戦うプロテニス選手にとって、12月は束の間のオフシーズンです。僕もイベントやオフ会に参加する機会が増えたり、杉田選手の結婚式に参列したり、スポンサーに挨拶に行くなど、普段できないことをしています。

本当は今週は全豪WCプレーオフに出る予定でしたが、パートナー都合で出場がなくなりました。相手の事情を考えるとしょうがないけど、ダブルスの難しさを感じます。今月は来シーズンに向けて身体を整え、日々修練していこうと思います。

今年新たに始めたことの一つにオンラインサロン104 Tennisがありますが、サロンがどんなものか感じてもらえるように、週に1、2回くらいのペースで過去記事の一部をアップすることにしました

今日は楽天ジャパンオープンの予選に出た時の記事にします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
令和元年 9月28日 オンラインサロン 104 Tennisより

楽天ジャパンオープン予選1回戦
Matsui/Nishioka vs. Qureshi/Gonzalez(パキスタン/メキシコ)
67(4) 46 敗退
いや〜、勝てる試合だった。正直1日経つと、3倍くらい悔しい気持ちが湧いてくる。でも、ぶつけ本番で初ペアとして組んだ西岡選手とは、感触良かったし、グランドスラムで準優勝経験のあるダブルススペシャリストを相手に両セット共に取れるチャンスありありだったのは、ポジティブに受け入れるべき。
確かに観てて面白い、エンターテインメント性が高った内容でもあった。スリリングなダブルスならではの展開がたまらない。プロテニスプレイヤーとしては、こういう試合をスタジアムコートで応援してもらい、楽しんでもらい、最高のプロスポーツイベント興行だなと素直に思いたい所だが、現実はどうだろう?
先ず、昨日の試合に勝とうが負けようが賞金が無い。もっと言えば、試合前日の宿泊代は、自費。因みに大会オフィシャルホテルは、1泊22000円。
興行に貢献出来たのなら、少しでも報酬は欲しい。せめて経費くらい何とかしてほしい。
そんな現状の中、選手のモチベーションは何なのか? 「お金」だけだと、中々メンタルが維持出来ないと思う。
それは、選手それぞれ違うが、僕の1つのモチベーションは、Make money では無く、Make an impact。観てくれてる皆さんのテニス人生に何らかの「良い刺激や影響」を与える事が出来れば。
会場で写真を撮った子供が、「出来るだけ長くプレーして頑張って下さい!」と。
おっさんに、「おっさんの星だから、辞めんなよ!」と言われるのも、モチベーション上がるが、見ず知らずの子供に言われた時は、逆に何か「刺激」をもらった気が。
やはりこういうimpact交換みたいのが良いな〜。
*細かい試合内容については、先ずは映像をゲットして、分析して、報告します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

どうでしたか?サロンの詳しい説明は、HPのトップページの右下の写真のリンクから。松井俊英オンラインサロン 104 Tennis

あと、Facebookの方でも紹介しましたが、来週水曜日、東京の新宿でオフ会があります。完全にプライベートな感覚で、食事しながらいろんな話ができればと思うので、ぜひ!

●日時
12/11(水)
19:00受付 19:30〜21:30
●場所
新宿ライム(LIME)イタリアン三丁目
東京都新宿区新宿4-2-23 curumu B1
TEL. 03-5369-2800
https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13164809/
●参加費
一般:8000円
オンラインサロン会員:5000円
※フリードリンク+食事込
※当日現金払い
●予定人数
20名程度
●キャンセル規定
申込み後の取り消しは、参加費100%のキャンセル料金が発生します。
●申込方法
有井 ariikun817@gmail.com


11.25.2019

Times of India 裏話

ブログ、FB、ライブスコアーやライブストリームやオンラインサロンで応援の念を送ってくださる皆様、いつもありがとうございます。2019年のATPポイントが得られる大会は終了し、後は、12月に一発勝負の全豪ワイルドカードプレーオフ選手権に出る予定です。

ブログで先日のインドの新聞記事を紹介してもらいましたが、今日はオンラインサロンに投稿した裏話をアップします。


松井俊英オンラインサロン 
104 Tennis(11月20日投稿)

ATPだったり、インドのジャーナリストだったり、最近は、海外のメディアが取り上げてくれます。インドでは、新聞、ウェブ、雑誌などから、勝ち上がることにインタビューを受けました。

そこで、絶対に聞かれるのが、年齢に関する事です。例えば、なぜ、未だに単複両方で勝利を上げられるのか?身体のメインテナンスは?モチベーションは?などなど。

特にインドの記者の方は、グイグイ聞いてきます。どのような経緯で奥さんと知り合い、そして、金銭的にどんな生活を送ってきたのか?などまで(笑)

そして、話してると、ジャーナリストなのか、大会スタッフなのか分からない人達がぞろぞろ集まってきます。

日本でもインタビューを受ける機会がありますが、海外の方が何というか記者の「気合」が違う気がします。「少しでも面白いネタを拾ってやるぞ!」みたいなものを感じます。なので、こちらもじゃんじゃん話してしまいます。大会期間中は、新聞のスポーツ欄に、写真付きでインド国内選手の記事が毎日のように掲載されていました。同時期に行われていたATPtour finalと同じくらいの勢いで取り上げられていたのは、びっくりです。

インドテニスで、もう一つびっくりしたのは、ダブルスがみんな上手い!何故か?それは、ジュニアの頃から、練習終盤に、遊びっぽく、2対2のダブルスドリルやゲームを必ず行うそうです。なるほど!


以上、104 Tennis からでした。

Times of Indiaの記事は、少し間違いがあったりもしましたが、新聞だけでなく複数のWebニュースでも取り上げてくれました。

またオフ会やイベントで話しましょう!


11.20.2019

インドの新聞記事のご紹介 (管理人より)

いつも松井俊英選手の応援を有難うございます。
 
今季終盤は4週連続でチャレンジャー大会でダブルスベスト4となり、
来季のシーズンがとても楽しみになりましたね。
全豪オープンの出場をかけたプレーオフも、ぜひ活躍してほしいと
思います。
 
さて、松井選手から、インドの新聞の記事を頂きましたので
一部を翻訳して、ご紹介させて頂きます。



 
 
 
 
 
 
 



媒体名  Times of India  (2019.11.19 配信)
記者名  K Kumaraswamy

原文はこちらから ↓ 

Veteran Toshihide Matsui spurring Japan's tennis

 
(日本語訳)    ※一部のみ抜粋。意訳しています。

 ベテラン松井俊英選手が日本のテニスを盛り上げる

プネーより
「元テニス選手の高岸知代との結婚は、明仁天皇陛下(現上皇陛下)の"テニスコートの恋"のようですね」と告げると、「ああ、そうだ、その通りだね」と松井俊英は気がついて大笑いしました。

彼が話したように、上皇様が皇太子時代、何世紀にもわたる皇室の伝統を破ってテニスコートで出会った民間人の美智子さまと結婚した時、日本のテニス界は大きく湧きあがりました。
 
スポーツの社会的地位が上がり始め、テニスコートで結婚相手に出会うことも増えてきました。第二次世界大戦後、近代天皇制が象徴天皇制となり、国民にとって身近で親しみやすい"開かれた皇室"に変わっていく時でした。
  
松井の戦績はランキングやタイトルの点で自慢するものはありませんが、日本の添田豪(35歳)、杉田祐一(31歳)、伊藤竜馬(31歳)と並ぶベテラン選手の仲間で、日本でテニス界に革命をおこしはじめています。
 
松井は41歳で、ATPチャレンジャー大会で最年長の選手です。今月初めの深圳で、台湾の次世代の選手、18歳のチュン・シン・ツェンと対戦して負けた時は、チャレンジャー大会において過去最大の年齢差の試合でした。
 
現役最年長の秘訣を問うと、松井は「僕は科学者ではありません。たぶん、食事に気を遣い、修練を積むことです」と言いました。「僕たち日本人には、47歳までシングルスに出場したWTAプレーヤー・伊達公子選手、46歳まで現役だった野球のイチロー選手がいます。サッカーのカズ(三浦知良)選手が52歳で、まだプレーしています」と、年齢が単なる数字であることを示しました。

(後略) 
 
 

11.16.2019

ダブルス準決勝 結果 (管理人より)

本日の試合は、インドのSaketh Myneni ・Arjun Kadhe組と対戦し、
7-5、¹-7、(4-10)で負けました。

今週はこれで終了です。応援、有難うございました。


11.14.2019

ダブルス準々決勝 結果 (管理人より)

準々決勝は(ESP)ロベルト・オルテガ・オルメド/(CAN)スティーブン・ディーツ組
と対戦し、3-6、6-2、(10-4)で勝利しました。

次は準決勝です。応援よろしくお願いします。

TENNIS LIVE-TALK 2019 のお知らせ (管理人より)

いつも松井俊英選手を応援してくださり有難うございます。

HPのトップページ、What is happning? にご紹介したイベント
についてご案内します。


TENNIS LIVE-TALK 2019
  “際(きわどい)トーク”
 プロの目線で、今宵だけのぶっちゃけ話

日 時  令和元年11月27日(水) 19:30~22:00  (開場 19:00)

場 所  フットボール セルヴェセリア オンセ (Futbol Cerveceria ONCE)
           お店のHPはこちらをクリック
          
            日比谷線又は東急東横線 中目黒駅より徒歩7分

参加費 7,000円 (飲食付)  ※当日会場でお支払い頂きます。

申込方法
 ①メールにて(氏名、緊急連連絡先、年齢、性別)
 ②参加に辺り,円滑な運営に協力して主催者の指示に従ってくださることへの同意
 ③運営者側で確認後、「参加決定」のメール返信をします
 ◇会の参加にそぐわないと運営者サイドで判断した場合は、お断りすることがあります

 メール送り先:yomiuri@minos.ocn.ne.jp


鈴木貴男プロがマスターとなり、テニスに関わる様々なゲストと
お酒を飲みながら、テニス愛好家の皆さんと一緒に盛り上がる
トークイベントです。

今回は、松井俊英選手に加え、スポーツ実況でお馴染みの
鍋島昭茂アナウンサーをゲストに迎えて開催されます。
どんな話が聞けるかは、参加してのお楽しみ。

会場はスポーツバーで、アルコールが出されますので、参加を
希望する未成年者は父兄同伴でお願いしています。

詳細は、米田良祐さんのブログに書かれていましたので、どうぞ
ご覧下さい。 ↓ こちらをクリック

米田良祐 公式ブログ

11.13.2019

シングルス2回戦、ダブルス1回戦結果 (管理人より)

KPIT - MSLTA Challengerの本日の試合結果は、以下の通りです。
ダブルスはインドのVishnu VARDHAN選手と組んでいます。
シングルス2回戦
vs MUKUND, Sasikumar [8](IND) 2-6、3-6 で敗退。

ダブルス1回戦
 vs NOGUCHI, Rio (JPN)・ TAKAHASHI, Yusuke (JPN) 6-3、6-3で勝利。

明日も応援よろしくお願いします。

11.11.2019

KPIT-MSLTA Challenger シングルス1回戦結果 (管理人より) (訂正あり)

いつも松井俊英選手の応援を有難うございます。

本日行われましたKPIT-MSLTA Challenger シングルス1回戦は、イスラエルのBen PATAEL選手と対戦し、4-6、6-3、6-4で勝ちました。日本から長時間移動の後、いきなり月曜日の試合で大変だったと思いますが、頑張ってくれました。

次は13日(水)に、シングルス2回戦、ダブルス1回戦があります。
応援よろしくお願いします。

今週はインド遠征です。 (管理人より)

いつも当HPにお越しくださって有難うございます。
松井選手の久しぶりの日本での試合はいかがでしたか?

ブルボンビーンズドームの試合は、選手と観客席がとても近く、
試合中の選手の息遣いまで伝わってくる緊張感がありますね。
生の迫力を感じることができますので、まだ機会のない方は、
次回はぜひ、旅行がてら現地での応援を企画してみて下さい。

今週は再び海外遠征です。インドのデカン高原のプネーという
町で、KPIT-MSLTA Challengerに単複エントリーしています。
応援よろしくお願いします。

プネーの町について(Wiki)
こちらをクリック

KPIT-MSLTA Challengerの公式サイト
こちらをクリック

さて、先日ご紹介したATP TOURの記事に関連し、松井選手が
オンラインサロンに配信した記事を、ブログの読者の方にも共有
したいので、全文をご紹介させて頂きます。少し長くなりますが、
どうぞご覧下さい。

~~~~~ 104 Tennis  令和元年11月4日配信 より ~~~~~~
 
帰国しました!
WIFIや電波の快適さに感動しています。
中国遠征応援ありがとうございました。最後の週は、ダブルスで自身初のダブルWOでベスト4.ウェルカムパーティーでは、ブルートゥーススピーカ当たるし、シングルスでは、LLで2回戦から出場出来るし。そして、何と言っても、↓↓ こんな記事リリースしてもらいました。
https://www.atptour.com/…/tseng-matsui-2019-shenzhen-challe…
 
チャレンジャー大会では、歴史上、最も離れた年の差バトルらしく、ちょっとした話題になりました。チャレンジャー大会をマイナーリーグとして発信するメディアによれば、僕もとうとう「国際的マイナープレーヤー」になってきたとでも言いましょうか(笑)
でも個人的には、このチャレンジャーシリーズは、他の競技の競争率や国際基準という観点で考えると、レベルはかなり高いと思っています。まあ、自分の価値観や世界観を大事に、このマイナーリーグと言われてしまっている舞台で奮起していこうと思います。
さて、このインタビューでも聞かれたのですが、「長く続けられる秘訣は? モチベーションの維持は?」などなど、色々と質問されました。 
身体の細かい所のケアーやトレーニング、そしてメンタルについて受け答えする中で、結局の所、そもそも「年相応の概念」にとらわれているのがもったいないなと思ったので、ジョーダン交えて、色々言ってみました。
要は、一般社会で言えば、「もう35歳だし、結婚して、子供つくらなきゃやばい」とか「もう40歳なんだから、会社の中でこのポジションにいとかないと」とか、「もう50歳過ぎたから、今さら。。」とか「18歳までに全国ジュニアレベルにいないとプロになれない」とか。まあ、確かに一理あるかもですが、僕は、ナンセンスな事も多く、単純に概念にとらわれているだけの時も多々あると思います。実際にインタビュールームで僕の質疑応答を聞いていた女性や審判団は「感動した!」と声を掛けてきました。
テニスのプロの世界では、いくら若くても怪我する選手、体力の無い選手、モチベーションのアップダウンが激しい選手は実は結構いるし、逆に年は食っているが、怪我しなく、フィットしていて、モチベーションも常に高く維持している選手もゴロゴロいます。
若手育成や世代交代は、確かに必要な時もあると思います。しかし、スポーツの世界では、やはり、結果や能力で判断するのが一番理にかなっているのではないかと思います。だから、ナショナルチームの強化選手の選考やワイルドカードの選考も、年齢差別や感情的な発想(期待感、伸びしろ感)だけではなく、ランキングや能力(身体、技術、実績など)をしっかりと分析して、もっと戦略的に実行するべきだと思います。次回、僕の考える戦略的ワイルドカード選考方法を紹介したいと思います。もう10年前から提案しているものなのですが(笑)
 
~~~~~~~~~~ 転載終わり ~~~~~~~~~~~~
  松井俊英選手オンラインサロン 104Tennis が気になった方は、こちらをクリック